プリンセスチュチュ ~卵の章~  ~感想~

スポンサーリンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリンセスチュチュ Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 加藤奈々絵 ]
価格:24640円(税込、送料無料) (2021/8/15時点)


Amazon | プリンセスチュチュ Blu-ray BOX(期間限定版) | アニメ
加藤奈々絵, 矢薙直樹, 櫻井孝宏, 水樹奈々, 松本さち, 白鳥由里, 松本保典, 河本昇悟 最新アニメから懐かしの名作アニメDVD・Blu-rayをアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
1.AKT あひると王子さま (2002/8/16)  祝!佐藤順一&伊藤郁子コンビ復活!そして原案「伊藤郁子」の文字、確かに雰囲気的にも伊藤さんが好みそうな雰囲気が漂うOPだねぇ。  夢から覚めたあひるは妄想に浸る暇も無く大遅刻、と思いきや時刻を大勘違い。しかし早起きは三文の徳(得じゃないよ)、あこがれのみゅうと先輩の練習に遭遇した。大はしゃぎ&赤面するあひるは、ずっこけ寸前のところを先輩に助けてもらう。しかしそのせいでみゅうとは足をひねってしまった。  あひるたちの先生は何と猫だ。るうの踊りを見せ付けられ、あひるは自分の実力を嘆く。しかし心機一転、みゅうと先輩に朝の一件を謝りに飛び出す。が、体よくふぁきあに追い返されてしまった。このふぁきあ、とにかくヤな感じ。  謝罪失敗に落ち込むあひる、とそのとき外に怪しげな老人が出現。水が流れ出し、歯車が動き出した。次の朝、再度謝罪にチャレンジするあひる、その時部屋の窓からワシ?にさらわれたカナリヤを助けだすみゅうとを目撃する。  窓から落下するみゅうとを助けたいと願うあひるはプリンセスチュチュに変身し、花のワルツで見事に助けた。しかしあひるはみゅうとに名前を尋ねられると逃げてしまった。
 バレエという題材ということもあり、独特の雰囲気があるね。第1話としては良い出来だと思います。しかしあひるはこれまでの伊藤郁子が描いてきたヒロインの系譜を色濃く受け継いでいるねぇ。こうなると本来ならば小西さんの出番なんだけどなぁ...

2.AKT 心のかけら (2002/8/23)  あひるがあひるの子だった。ドロッセルマイヤーはあひるにペンダントを渡す。眼が覚めたあひるはやはりあひるの子、しかしペンダントがある。全裸のあひるの前にエデルというヤツが現れた。エデルはあひるに服を渡し、意味不明の言葉の残して去っていったが、決して感じの悪いキャラではなかった。  学校に戻ったあひるはみゅうと先輩に謝罪、しかしみゅうとはそっけない。そんな二人の前にアリクイ登場、いきなりみゅうとに告白したアリクイにあひるはショックを受ける。みゅうとはあっさりとアリクイの手に落ちたが、るうは気にしていないと言う。  特別クラスの選考テストが始まった。アリクイとみゅうとのパドドゥはバッチリ決まった。対抗するるうはあひるとのパドドゥ、るうの言うとおりに踊るあひるはいつもとは別人のようにうまく踊れた。負けたアリクイはみゅうとに八つ当たり、傷心のアリクイにみゅうとの姿をしたヤツが近づく。  プリンセスチュチュに変身したあひる、アリクイのバレエはるうへの対抗心の塊だった。そんなアリクイの心をチュチュが癒した。あのみゅうとの姿をしたヤツは、みゅうとの心へ帰っていった。

3.AKT プリンセスの誓い (2002/8/30)  見習いクラスからの脱出はやっぱり難しそう。しかしチュチュになれたことに浮かれ気味のあひる、そこでドロッセルマイヤーの本「王子とからす」の存在を知る。そして彼は本を書いている途中に死んでしまったとか。  あひるはるうとみゅうとのピクニックを目撃するが、そのことでふぁきあに詰問される。街へ出たあひるは大きな木の下で、るうとみゅうとのデートを目撃する。二人はアツアツ、に見えるが、どうにも妙な雰囲気。  顔を赤らめたあひるはその場を飛び出すが、みゅうとにぶつかってしまう。あひるはみゅうとの水汲みの手伝いをしようとするが、ヘンなレストランに迷い込んでしまう。そこであひるのペンダントが光った。これは心のかけらの予兆。  ご馳走になるあひるだが、出される料理は皆冷たい。トイレに出たあひるは、シェフの不気味な言葉を聞く。即刻帰ろうとするあひるだが、みゅうとは居残ってしまう。ここであひるはチュチュに変身、シェフの心に住み着いていたかけらを発見する。  チュチュはシェフと一緒に踊り、夫を失った彼女の寂しさを知る。そして彼女の寂しさを取り除き、かけらをみゅうとの胸に返した。しかしるうの口からプリンセスチュチュが悲劇のヒロインであることを知り、あひるは駆け出してしまった。

4.AKT ジゼル (2002/9/6)  「ジゼル(Giselle):バレエの題名。二幕。フランスのアダン(Adam 1803~1856)作曲。一八四一年初演。村娘ジゼルが王子に恋するロマンチック‐バレエ」  るうの踊りに見とれる3人組。チュチュになれた時は同じレベルで踊れるのに...とその時、るうの体のバランスが崩れ、あひるの声と共にるうが転んでしまった。一方、みゅうとが「寂しさ」を取り戻したことを聞き、ふぁきあは心など欲しがるなと激怒する。  るうの練習の邪魔をした罰としてあひるは居残り練習をさせられる。るうはふぁきあと同じセリフを告げ、みゅうとの変化に同じ反応を示す。しかしふぁきあとるうの二人は仲が悪そう。あひるはついに見習いクラスから脱出、ぴけとりりえから祝福される。  校門から突然いなくなったみゅうとを追いかけるあひるとるう。「るう様と呼びなさい」と強要されるあひるだが、逆にるうに友達宣言をする。霧が深くなり、お葬式の列に遭遇する二人だが、その中にみゅうとがいた。追いかける二人だが行き止まり、そして葬式の列は幻。  そこへエデルが現れた。乙女のかなわぬ恋、そして自殺、そんな話を二人に聞かせた時、行き止まりがなくなっていた。みゅうとは死んだ少女と対面、死の花ローズマリーを手渡そうとする少女と止めようとするるう、ジゼルの対決が始まった。  しかしやはりジゼルはるうに厳しい。花を受け取ろうとするみゅうとの前に、プリンセスチュチュが登場した。少女の悲しみを静めるチュチュ、「悲しみ」のかけらがみゅうとの元へ帰っていった。
 さて、4話までが終わり、大体の雰囲気はつかめたかな。独特の世界観を構築しているが、その一方で非常に手堅い作りをしているというのが感想。このバランスがとても良いという印象を持ってます。これがいわゆる「王道」というやつだと思うのですがどうでしょう>某防衛隊制作の皆様方。

5.AKT 火祭りの夜に (2002/9/13)  「王子とカラス」、その王子はみゅうとに間違いない。火祭りの存在を全く知らないあひる、猫先生にしーっかりと教え込まれるのでした。ふぁきあは徐々に自主行動が増えてきたみゅうとに苛立つ。  上級クラス部屋にみゅうとがいた。るうと火祭り行きの待ち合わせとか。告白のグッドタイミングだが、みゅうとからるうの名を聞きあひるはがっかり。しかしみゅうとがいきなりあひると踊りだす。大テレのあひる。  あひるが「あひる」に戻った時、ふぁきあの怒りが爆発した。あひるは盗み聞きするが、肝心な部分が聞こえない。ふぁきあはみゅうとを図書館へ連れて行ってしまった。すれちがいでやって来たるうに、無理矢理なフォローをするあひる、かわいい...  あひるはみゅうとを部屋に閉じ込めたふぁきあに突撃、しかしあひるの口から出た「心のかけら」という一言にふぁきあは過剰な反応を示す。ふぁきあの自分勝手な言い草にあひるは涙した。そんな時、エデルが登場。彼女に励まされたあひるは図書館に忍び込む。  いきなりなぞなぞ、その問題に答えられなかったあひるは閉じ込められてしまう。プリンセスチュチュはなぞなぞに見事正解、ランプの精の心を静め、「慈しみ」の心がみゅうとに帰っていった。みゅうとは自分を待ち続けたるうと踊りだす。しかしみゅうとの優しい目に恐怖したるうは逃げ出してしまった。そしてふぁきあとあひるはその様子を見届けていた。

6.AKT 夢見るオーロラ (2002/9/20)  みゅうとはふぁきあとるうが望まない方向へと確実に変化している。しかしそれは、通常我々が口にする「成長」であると言い切れるかどうかは微妙なところかもしれないが。  街にやってきたバレエ団、その看板女優パウラモニのご指名を受けたあひるは大慌て。一度は事なきを得たものの、結局踊る羽目になってしまったあひる。そして何とふぁきあとのパドドゥのおまけ付き。しかしそこでみゅうとの影を見た。  パウラモニは人知れず悩んでいた。が、夫の支えもあり自力で立ち直る。すると心のかけらは逃げてしまい、彼をプリンセスチュチュが追いかける。  今回の彼(かけら)は「恐怖心」、いつものようにプリンセスチュチュはかけらをみゅうとに戻すが、その瞬間みゅうとはチュチュに対して異常に怯えてしまう。そんな彼の様子を見て自分の今までの行動に疑問を持ってしまったプリンセスチュチュ。どうなるこっちゃ。

7.AKT からす姫 (2002/9/27)  みゅうとは完全にプリンセスチュチュ恐怖症。あひるも激しく落ち込んでいる。みゅうとは1週間もお休みしているとか、しかし時は確実に進んでいく。猫先生の説教にも全く反応しないあひる、りりえとぴけに落ち込んでいる理由をズバリ言い当てられる。そこであひるは二人からなぞなぞ橋のことを聞く。  なぞなぞ橋ではなくなぜなぜ橋だった。そこにはるうがいたが、あひるは彼女にみゅうとの心について問いかけるが、るうは唯みゅうとを愛し続けるだけだと言う。当のみゅうとは相変わらず怖がっているが、それを一応ふぁきあが看病?しているようだ。  自分に絶望するあひるはペンダントを捨てようとする。その行為を見たドロッセルマイヤーはさすがに狼狽するが、彼はあひるに直接会いに来た。が、あひるは彼の強引な説得にも応じずペンダントを捨ててしまい、「あひる」に戻ってしまった。  あひるの前にエデルが現れた。彼女はあひるが捨てたペンダントを持っていたが、やはりあひるは逃げ出す。あひるは踊りながら川の底へ沈んでいくみゅうとを発見、心のかけらがみゅうとに心をなくした理由を問いかける。このかけらは「好奇心」か。彼を追うあひるは、もう一度だけプリチュチュになりたいと願う。  プリチュチュはかけらにみゅうとの心を取り戻す理由を聞かれる。彼女はみゅうとの幸せのためだと言い、泣き出してしまう。そんなチュチュの手をみゅうとがとり、川底から脱出する。そんなみゅうとの変化にるうが反応、チュチュはみゅうとに別れを告げるが、みゅうとはチュチュに心を取り戻して欲しいと言う。  そんな二人の様子をるうが凝視する。かけらがみゅうとに戻っていく正にその瞬間、辺りは暗闇と嵐に包まれ、かけらも消えてしまった。そしてプリンセスクレールの登場、彼女はかけらを持っていた。冷たい言葉を放つクレール、再び嵐がチュチュを襲い、気づくとみゅうととクレールの姿が消えていた。ふぁきあもその存在に気づき、いよいよ役者が揃ったか。
 脚本横手さん、コンテ佐藤さん、そして作監小林さん、メインスタッフ勢ぞろいの今週はストーリー、ヴィジュアル両面においていつにも増してボリューム満点だったね。

8.AKT 戦士の泉 (2002/10/4)  ベッドから目覚めたみゅうとにふぁきあが事の次第を問う。みゅうとの口からチュチュとクレールの名が発せられ、彼はまたしても怯える。しかしふぁきあはそんなみゅうとの心を静めた。一方るうの前に心のかけらが現れた。るうは心のかけらを連れてきたことを覚えていない。そして不気味に光る宝石箱...  悪友二人の導きにより、あひるはみゅうとの胸に飛び込んだ。しかしふぁきあは浮かれるあひるをにらみつける。ふぁきあはあひるに対し、みゅうとに近づくなと最後通告をする。怯えるあひるは、エデルにみゅうとをふぁきあから助ける方法を聞く。が、勇気という言葉だけを残して消えてしまう。  あひる(あひる)は手紙をみゅうとのロッカーに忍ばるが、偶然ロッカールームに入ってきたふぁきあに連れ去られてしまう。しかし、思いがけずふぁきあの優しさに触れてしまうあひる。  あひるの手紙を読んだみゅうとは徐々にふぁきあの思い通りにはならなくなっている。るうは彷徨い、ローブを着たふぁきあは王子の心臓を砕いたという剣を手に取り、自らの血を泉に注ぎ込んだ。  みゅうとはあひるに対し、チュチュに会いたいと言う。その様子を伺っていたるうはクレールに変身、チュチュと二人で王子ふぁきあの取り合いが始まった。クレールの誘惑、そしてカラスがみゅうとを囲むが、チュチュは突撃。その時、仮面の戦士が二人に割って入ってきた。  クレールと戦士が空中戦、クレールの宝石箱が砕け散った。そして仮面が割れ、戦士がふぁきあだと判明した。みゅうとの心臓を砕こうとするふぁきあと、止めようとするチュチュ。みゅうとはふぁきあを静止し、剣で自らの心臓を貫こうとする。  チュチュは涙を流し、必死にみゅうとを止めようとする。彼女の願いがみゅうとに届き、みゅうとは剣を放り投げた。知りたい心が戻ったみゅうとだが、彼の願いにチュチュはこたえられない。

9.AKT 黒い靴 (2002/10/11)  いつも通りの朝、しかしるうは一人悩んでいる。そこへ知りたい心を取り戻したみゅうとが、お互いの気持ちを確かめにやってきた。そしてチュチュのことを話題にすると、るうは怒ってしまう。一方ふぁきあはみゅうとが自分の思い通りにいかなくなっている事実を嘆く。  廊下を転げまわるヤギ子先生、彼女は猫先生が大のお気に入りのようだ。るうとみゅうとはいつもどおり素敵なパドドゥ、その様子を見つめるあひるは胸の苦しさを覚える。ふぁきあは暗い古本屋?で王子とからすを読んでいる。そこへエデルがやってきた。あひる以外のキャラと接するとは...  あひるとるうはポワントの話題で盛り上がる。るうのあひるに対する態度はかなり変わったな。が、そんな二人を緑色の髪をしたメガネ少女が見つめる。夕方、あひるはこの少女マレンに会いに来た。マレンはるうの絵ばかりを描いていた。彼女は最近、るうの絵しか描けなくなってしまったとか。  悩み続けるるう。そこへドロッセルマイヤーの声が響く。物語に二人のプリンセスは要らないと彼は言う。するとマレンの前にチュチュが現れた。マレンの悩みを取り除いたチュチュ、一方黒い靴を履いたるうはプリンセスクレールに変身した。  マレンから出てきたかけらは「一途な心」、そこへクレールがやってきた。心のかけらをカラスで包み隠してしまったクレール。そしてみゅうとも二人の元へ駆けつけた。突然苦しみだすクレール、更にそこへふぁきあがやってきた。彼はクレールを倒そうとしたせいか、クレールは我を取り戻してしまった。

10.AKT シンデレラ (2002/10/18)  ふぁきあは自分の意思に任せ、どんなことでもできると言う。チュチュにはそれができない。あひるはペンダントを落としてしまい、鳥のあひるから戻れなくなってしまった。ペンダントを探すため、あひる街をさまよう。  道のど真ん中で寝てしまったあひる、そこへふぁきあがやってきた。あひるに優しい言葉をかけるふぁきあ、彼があひるのペンダントを持っていた。しかし鳥のあひるにはどうしようもない。みゅうとの踊りは更に輝きを増し、猫先生はその原因を「恋」と指摘した。  ふぁきあの部屋に忍び込んだあひる、しかしそこへクレールからの手紙が届けられた。その内容は何とみゅうととクレールの結婚式、激怒するふぁきあは骨董屋にローエングリンの剣を取りに来た。幼少時代のみゅうととの出会い、数奇な運命をたどってしまったふぁきあが信じるものは、騎士としての己の立場と、守るべきみゅうと。  ふぁきあは自分を導いてくれた骨董屋のオヤジ、カロンの静止も振り切って飛び出した。彼の傷ついた心を知り涙するあひる、ペンダントはようやくあひるの元へと帰ってきた。あひるはカロンの骨董屋にかけらを発見、チュチュとなってかけらを取り戻した。一方ふぁきあは物語での騎士の結末を変えてやると意気込み、カロンもふぁきあを信じて剣を手渡した。  チュチュはみゅうとにかけらを戻したが、その時クレールが襲い掛かる。クレールはチュチュを亡き者にしようとするが、そこへふぁきあが剣を持ってカラスを追い払った。チュチュはふぁきあと戦いたくないと言い、挙式場から去っていった。しかし人間のあひるは、胸のペンダントをふぁきあに見られてしまう。ついに正体がバレてしまった...

11.AKT ラ・シルフィード (2002/10/25)  愛という宝石を受け取ったエデル、いきなりの彼女?の登場は妙に気味が悪い。チュチュの正体に気づいたふぁきあだが、みゅうとを守る決意を新たにする。みゅうとはあひるたちの雑談を偶然聞き、チュチュへのプレゼントに興味を持った。  ふぁきあはチュチュの正体をあひるだと本人を呼び出し確認した。みゅうとを守るという目的は同じであるチュチュとふぁきあ、あひるはふぁきあと協力したいと言うが、あひるを信用できないふぁきあは断った。  るうは敵であるはずのみゅうとに心が募るばかり。るうとみゅうとの前にエデルが現れ、みゅうとは彼女から宝石を受け取った。その宝石を1日借りたいとみゅうとに頼んだるうはクレールに変身し、宝石を憎しみを含んだものへと変えてしまう。  みゅうとは宝石を握りしめ、チュチュを捜す。一方あひるもこれまでチュチュとしてみゅうとと会った場所を駆け回り、みゅうとを捜す。そしてあひるはみゅうとを捜し当てるが、彼が待っているのはチュチュだと聞きすぐさま変身する。宝石をチュチュの胸につけるみゅうと、宝石から心のかけらが出現した。  このかけらは「愛」、しかしみゅうとの元へ戻ろうとするかけらから黒い魔の手が伸びる。チュチュは縛られ、みゅうとの胸に黒い羽が突き刺さる。そしてクレールはみゅうとにトドメを刺そうとする。  が、そこへいつものように騎士ふぁきあが到着。すぐさまクレールに襲い掛かった。しかし物語での騎士の結末がよぎるふぁきあは怯えてしまった。そしてクレールはまたしてもみゅうとの心を奪い去っていった。

12.AKT 闇の宴 (2002/11/1)  ふぁきあはチュチュに助けられ、みゅうとはクレールの手に落ちた。しかし心を抜き取られたみゅうとの瞳は焦点を失っている。そしてクレールは改めてチュチュへの怒りがこみ上げ、マイヤーへ挑戦状を叩き付けた。  みゅうとを探すあひるとふぁきあ、意外にあっさりとみゅうとは見つかった。が、その様子がおかしい。彼は王子は自ら心臓を抜き取ったと言い、そして続けて現れたるうはチュチュがお話の中で数行の存在であると言う。ついにるうの正体に気づいたあひるは大ショック。そして剣は彼女の手にあった。  エデルに王子とクレールの居場所へ導かれるあひるとふぁきあ。これが人形エデルの仕事だが、あひるは自分に優しく接してくれたエデルに感謝する。  洞窟を行く二人、しかしカラスの大群に襲われ、さらに下へと落ちてしまう。水辺の様子を見るため、あひるはふぁきあにペンダントを預け、あひるに戻って潜っていった。自分が泣いている姿をあひるに見られたことに気づき、ふぁきあは顔を赤らめる。そして全裸のあひるを見て再び真っ赤になった。  二人は泳いでさらに奥へと進む。ふぁきあは、みゅうとが物語に対して最も興味を持ったものはチュチュだったと言う。二人はついにみゅうとが眠るカラスの巣へとたどり着いた。ついに最終決戦だ。

13.AKT(最終回) 白鳥の湖 (2002/11/8)  王子みゅうとを助けるため愛を語りたいチュチュ。その時チュチュは光となって消えてしまうが、チュチュにはやはりみゅうとを助けたい、その気持ちしかない。が、消えても良いと決意したチュチュをふぁきあが制止する。  ふぁきあはクレールが召喚したカラスの騎士を次々と倒してゆく。が、徐々に劣勢となるふぁきあ、カラスの大群の突撃を受け、湖に落ちてしまった。そして湖に広がる赤い血。チュチュは涙するが、ふぁきあは何と湖面から這い上がり、残るわずかな力でみゅうとの剣を折った。そしてチュチュにみゅうとの未来を託して倒れた...  踊りによって自分の気持ちを伝えようとするチュチュ。二人のプリンセスによるバレェ対決が始まった。心のかけらはどちらのプリンセスを選ぶのか。クレールはチュチュを所詮は見せかけのプリンセス、所詮は「あひる」だと指摘する。心のかけらはクレールのそばへ歩み寄った。  しかしチュチュはそんな言葉にめげず、一人でパドドゥを踊り続ける。このチュチュの姿に瞳の輝きを取り戻したみゅうとが応えた。みゅうとの元へ駆け寄るチュチュ、クレールはうつむき、そして消えていった。  湖から脱出するチュチュとみゅうと、その先に焚き火が見える。そしてそこにはふぁきあが倒れていたが、彼は生きていた。彼ら3人を導いたのはエデル、彼女は炎の中で消えつつある。彼女は最後に王子とチュチュのパドドゥが見たいと願い、二人は最高の踊りを披露した...  
 プリンセスチュチュ~卵の章~終了。いやー、本当に面白かった、その一言に尽きるね。俺は昔から佐藤順一が大好きだった。古くはきんぎょ注意報、シンデレラフォウ(作品名じゃないが)、最近ではまほTai、プリーティア、みんな好きです。俺はバレェのことなんて(見終わった今でも)全く分からないが、この作品も自分が彼の作品を今後も好きであり続けることを確信させるには十分過ぎるものだった。  が、卵の章がこれほどの盛り上がりを見せたため、逆に来週から始まる雛の章には一抹の不安が。まぁ番組延長されたことは素直に喜ぶべきなのかもしれないが...たのむぜ佐藤さん。
タイトルとURLをコピーしました