せんせいのお時間 ~感想~

スポンサーリンク
<スタッフ>
原作:ももせたまみ  監督:岩崎良明  シリーズ構成:白根秀樹  キャラクターデザイン:中原清隆  音楽:平野義久  アニメーション制作:J.C.STAFF
<キャスト>
鈴木みか:南央美  末武健太:山口勝平  小林あかね:川上とも子  工藤雄一:上田祐司  富永美奈子:植田佳奈  おやじ (中村元):岩田光央  委員長:(流静)大谷育江  関譲治:谷山紀章  北川理央:山崎和佳奈  渡部匠:岡野浩介  中山千夏:清水香里  松本リンダ先生:渡辺久美子  お父さん:宗矢樹頼  お母さん:一条みゆ希


Amazon.co.jp | せんせいのお時間 全7巻セット [マーケットプレイス DVDセット] DVD・ブルーレイ -
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、せんせいのお時間 全7巻セット を DVDストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
第1話のお時間 興津高校2A登場の巻 (2004/4/4) 脚本:白根秀樹  絵コンテ:岩崎良明  演出:成田歳法  作画監督:中原清隆  作画監督補佐:原由美子  みか先生、ラブリー過ぎるよーっ!!実のところ第1話を見る前は全然期待してなかったんだけど、これは思わぬ掘り出し物を見つけた気がします。今週はキャラ紹介で30分が終わってしまいましたが、全く問題なく楽しめました。  OP、EDはそれぞれcan/gooとDROPSですか。スタチャが売り出したい商品がこの作品にくっついてきたということは、逆に言えばそれだけの宣伝効果が、この作品で期待できる(と宣伝スタッフが読んでいる)証拠だと思います。今後も継続チェックは決定。美鳥、花右京、北へ、そしてこの番組。千葉県民にとって、日曜の夜は大変です(苦笑)

第2話のお時間 測って投げて打っての巻 (2004/4/11) 脚本:白根秀樹  絵コンテ:岩崎良明  演出:畠山茂樹  作画監督:飯飼一幸  キャラクター監修:武内啓  身体検査、ああ身体検査。小林さんはトコトン嫌がってましたが、オレのテンションは最高潮!!だがそんなオレの前に立ちはだかったのが、おなじみのテレ東規制。為す術もなく敗れ去ったわけですが、ケロロ軍曹といい、最近は思い切り妄想で楽しむのも良いのではないかと、考えを変えつつあります。特にUHF系アニメであからさまな描写が多くなってきた今では、逆に妄想の方がより楽しいという気もしています。  ということで、第2話も十分に面白かったです。ワタシ的にうれしかったのは、北川理央@山崎和佳奈の出番がとても多かったこと。これまでオレが観てきた山崎キャラの中で、北川さんは最もデカくて巨乳です。はっきり言って、超萌えなんですけど(笑)。もちろん山崎さんだけでなく、貧乳小林@とも蔵さんの演技もとても良いです。役者の皆さんの楽しそうな気持ちが伝わってくる、そんなアニメだと思います。

第3話のお時間 水着で試験 ポロリもあるよの巻 (2004/4/18) 脚本:木村暢  絵コンテ・演出:大和直道  作画監督:昆富美子  キャラクター監修:武内啓  衣替えというと、自分に取ってはイヤな思い出が...とそんなことはマジでどーでも良くて、関クンのは衣替えというよりもコスプレ、ではなくて単なる変態です(笑)。みか先生をオモチャにする北川さん、北川さんにオモチャにされるみか先生、どっちも超萌えぇぇーっ。もぅラブリー過ぎ、ダメ、撃沈です(爆)  夏、夏と言えばプール、プールと言えば水着!!ワタクシ、決してスク水マニアじゃないですけど(一応フォロー)、北川さんのナイスバディ&みか先生のワンピが見られただけで満足。ポロリなんて邪道です(笑)

第4話のお時間 みか先生の夏物語の巻 (2004/4/25) 脚本:ときたひろこ  絵コンテ:水草一馬  演出:雄谷将仁  作画監督:村上勉  キャラクター監修:武内啓  ずっと思っていたことですが、毎回毎回娘に甘すぎだろみか父!!(笑)。さて、今週は関君の女装が意外に似合っていることに驚愕。が、決して女装の彼にトキメイたわけではないので悪しからず(苦笑)。そして迷子のアナウンスに思わず泣いちゃったみか先生に撃沈、相変わらずダメなワタクシです(笑)  もぅね、日曜最大の楽しみだよこの番組。面白過ぎっすよマジで。似たようなアニメ作品としてあずまんが大王があったけれど、キャラクターいじりという面では本作品の方が確実に上ですね。

第5話のお時間 夏過ぎて、藝術の秋の巻 (2004/5/2) 脚本:鈴木雅詞  絵コンテ・演出:大西景介  作画監督:飯飼一幸  キャラクター監修:武内啓  松本先生のセクシー衣装に撃沈。ワタクシ、この番組には撃沈しっぱなしであります(笑)。それにしても、カテジナ、クインシーイッサー、クレア・ロンド等、ナベクミさんが演じた女性キャラクターはヒステリー傾向が極端に強いキャラもかなり多かったけれど、松本先生はすごく普通な女性って感じで逆に新鮮ですね。  今週は小林さんの金満妄想に爆笑、更にそれに対する富永の冷静なツッコミに納得でした。この作品はこういった各キャラクターの掛け合いが本当に面白い。素晴らしいの一言ですね。

第6話のお時間 文化祭は文化の祭りの巻 (2004/5/9) 脚本:白根秀樹  絵コンテ・演出:成田歳法  作画監督:原由美子  キャラクター監修:中原清隆  誰もいない教室で独り、漫研魂を熱く語る。渡部君ってさぁ、寂しがりやでしょ(笑)。しかしそんな彼を遠くから見つめる美少女が!!その少女は1年C組中山千夏、何と彼女は渡部のファンで漫研に入部希望という人類史上で最も希少な頭の持ち主だった。その上漫画は超ヘタっぴで口癖は「キャハッ」、彼女の超個性には思わず声を失いました(苦笑)  文化祭か、自分にとっても懐かしい思い出と言いたいところですが、実は悪夢の記憶しかありません(笑)。そんなオレが体験した文化祭とは違い、興津高校の文化祭は超楽しかったですね。工藤と末武の白雪姫と王子様は大ウケ。小林さんと富永のツーショットに超トキメキ。工藤の余りに美しい白雪姫姿に嫉妬心メラメラの関@お妃役に爆笑。様々な感情を巻き起こすこの作品には脱帽ですな。

第7話のお時間 サンタギャル 振袖羽根突き お年玉の巻 (2004/5/16) 脚本:木村暢  絵コンテ・演出:ヤマトナオミチ  作画監督:飯飼一幸  中山さんの口癖「きゃはっ」、ハッキリ言って全然萌えませーん(苦笑)。やっぱりコレは今の清水香里に決定的に欠けている要素と言えますね。少しは松本先生を手本として精進して欲しいですな。既婚男性にダマされヤケ酒にくれる松本先生も十分魅力的ですね♪  「関譲治 当然着物で 初詣 」クラスメイトの皆もそうですが、さすがに関の女装には慣れてきました。そんな彼はともかく、北川さんのみか先生遊びは熟練の領域に達しつつあります。このまま彼女のなすがままでいいのかみか先生!?とそれはともかく今週は、30近いと嘆く彼女にとてつもなく大きなシンパシーを感じるワタクシなのでした(涙)

第8話のお時間 冬来たりなば春遠からじ?の巻 (2004/5/23) 脚本:ときたひろこ  絵コンテ・演出:佐藤昌文  作画監督:昆富美子  キャラクター監修:武内啓  ホームルームの時間に雪遊び。あのー、この作品の舞台って高校ですよね!?(笑)。まぁいつもの通り元気な生徒の皆さんはともかく、今週の衝撃は何と言っても「みか先生彼氏いない歴28年」という事実。オレはみか先生を反面教師にして頑張ろうっと(謎)  今週は正にバレンタイン狂想曲、そんな中でも小林と富永のツーショットはやっぱり可愛くて良いっすね。オレはどちらかと言うと小林さん派かな。そして北川さんのみか先生イジリも神の領域に達しラブリー度満点。相変わらず撃沈しっぱなしのワタクシなのでした。

第9話のお時間 涙、涙の卒業式の巻 (2004/5/30) 脚本:鈴木雅詞  絵コンテ:一分寸僚安  演出:雄谷将仁  作画監督:村上勉  キャラクター監修:武内啓  あくまで小林たちの妄想の中ですが、セーラー服姿のみか先生も超ラブリーっす。彼氏いない歴27年はどう考えてもおかしいよ(笑)。卒業式の司会を仰せつかったみか先生はプレッシャーに押しつぶされそうになってましたけど、実は今のオレも彼女と同じような状況にあったりして。とても人事とは思えないイヤなエピソードでした...(涙)  北川さんのマッサージという名のお腹ぶよぶよ攻撃にはワラタ。何だか回を重ねるごとに、北川さんの登場シーンが増えてる気が。ワタクシにとってはホントにうれしいことです。で、自分の卒業式の思い出ですが、残念ながら感動・衝撃その他もろもろは全くのゼロ!今週ラストのみか先生じゃないけれど、小林たちの卒業式=この番組のラストの方がダンゼン悲しくて涙ですよ。こんなオレってダメですか?(苦笑)

第10話のお時間 興津-京都生徒失踪事件!~愛憎渦巻く古都の旅の巻 (2004/6/13) 脚本:白根秀樹  絵コンテ・演出:ヤマトナオミチ  作画監督:飯飼一幸  2週間ぶりのこの番組、修学旅行でも関のコスプレ癖は健在。まさか金閣寺と張り合うため金色のセーラー服を着込んでくるとは思わなかった。ちょっとヤラれた気分(笑)  が、肝心の失踪事件の方はというと、かなりダメダメーな展開。何かオチにキレがなかったなぁというのが正直な感想。北川さんのハートマークとみか先生を召還したウルトライリュージョンだけが目に付いた後半でした。

第11話のお時間 雨のち晴れ、ところにより教育実習の巻 (2004/6/20) 脚本:木村暢  絵コンテ・演出:箕ノ口克己  作画監督:宇都木勇、武内啓  キャラクター監修:中原清隆  作品中の舞台も実世界の日本も梅雨を迎えたということで、ホントに鬱陶しい季節ですよね。雨は好きだけど梅雨まで愛せる人はさすがにいないでしょうと思う今日この頃。ワタクシも当然、梅雨は大嫌いです。頼むから早く夏が来て欲しいって感じです。  今週は教育実習生と渡部先輩が結ばれるという妄想を爆発させてた中山さんが、一番の目立ち屋さんでしたね。この作品のキャラは総じて深い妄想に入り込むヤツが多いけど(笑)、彼女はその中でもかなり強力な妄想力の使い手であることが、今週明らかになりました。あとはあの「キャハッ」ってセリフを何とかしてくれれば、オレとしても好きな部類のキャラクターになるんですけどね(苦笑)  来週は何と最終回1時間スペシャル。そういえば先々週に1週お休みしてましたが、アニメはしっかり13本作ってしまったのでそのツケ?が回ったということですかね。まぁ悲しいことに最近は途中で放送を打ち切る例も散見されますが、さすがにテレ東はそんなことは無いということは一安心。最終回をしかと眼に焼き付けよう。

第12話のお時間 恐怖体験、真夏の課外活動!の巻 
第13話のお時間 夏・湘南・さよならは言わないでの巻 (2004/6/27) 12話 脚本:鈴木雅詞  絵コンテ・演出:佐藤昌文  作画監督:飯飼一幸
13話 脚本:白根秀樹  絵コンテ・演出:福島一三  作画監督:原由美子  キャラクター監修:中原清隆  今週は最終回1時間スペシャル。思わずニヤけてしまう面白さを最後まで持ち続けていたのは良かったと思う。しかし反面、やはり自分がこの作品に慣れて来てしまったせいか、マンネリに感じられた部分も少なくなかった。特に関とか工藤に対する自分のツッコミレベルは、気づいたら作品中のキャラ並に上達してましたしね(苦笑)  そうは言っても、トータルで考えるとこの作品を観ることは決して損ではなかったかと。美鳥の日々の感想でも書いたけど、頭を空にして気軽に楽しめるアニメはいつも必ずチェックしていたいわけで。加えてこの作品、かなりの低予算なのは明らかだったけど、その限られたリソースをアニメ版としての面白さの確立(パターン化とも言える)に集中させることで、作品として一定のクオリティを保つことに成功したんじゃないかなと思う。その点は他の低予算アニメも見習うべきポイントかなと思ったりしました。

Amazon.co.jp | せんせいのお時間 全7巻セット [マーケットプレイス DVDセット] DVD・ブルーレイ -
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、せんせいのお時間 全7巻セット を DVDストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
タイトルとURLをコピーしました